フランチャイズ企業が注目する業種を押さえよう

近年注目されている買取サービスのフランチャイズ開業

買取サービスのフランチャイズショップが増えています。店舗や立地などは本部が準備していることもあり、加盟契約をするだけで店舗が手に入ることも多い傾向にあります。また、知識や資格も必要なく経営者になれるのも良いところと言えます。

フランチャイズ企業の人気業種ベスト3

no.1

人気急上昇!買取サービス

貴金属やブランド品の買取サービスはフランチャイズ経営で急速に拡大中です。別途仕入れを行う必要はありませんし、特段の知識も不要です。省スペースで仕事ができ、人件費も不要ということから経費も低く抑えられるという魅力があります。

no.2

盤石のコンビニフランチャイズ経営

コンビニのフランチャイズ経営は、経営者としての力量を問われる部分もあるため、ある程度の知識が必要です。雇用・シフト・品ぞろえや回転率などをすべて計算していかなければ利益を生み出すことができません。ただし、集客は高いため人気店に成長させることも可能です。

no.3

塾・教育産業経営

実は、学習塾もフランチャイズ経営で行われています。夫婦で開業することも可能です。自身は運営に徹して、講師を雇うこともできるため、学歴に自信がなくとも塾経営をすることができます。習い事系の塾であれば、ママの起業案件としても人気です。

フランチャイズ企業が注目する業種を押さえよう

婦人

フランチャイズ開業までの流れ

フランチャイズ開業を検討した場合、まずは営業本部FC担当等に資料請求をするところから始めます。ビジネスモデルやシステムに納得できたら、審査を申し込み、経営者にふさわしいかを本部が見極めます。審査に合格したら、法定開示書面の提示を受け、ここで初めてFC加盟申込が行われます。その後は契約や研修・加盟金の払い込みなどを経て晴れて経営者となることができます。資料請求から、開業まではお店によって異なりますが3ヶ月~6ヶ月間を目安にすると良いでしょう。

一般的なフランチャイズ開業に必要な資金額

開業資金と言っても多岐にわたります。フランチャイズ経営には、加盟金や開業にかかる初期費用が発生します。もちろん運転資金も準備しなければいけません。加盟金は100万円程度ですが、開業にかかる初期費用は、土地取得から、店舗賃借料・什器購入代・商品仕入れ代金等も含まれます。一例として、本部に支払うお金は350万円ですが、そのほかの初期費用で2~300万円を見ておくと良いでしょう。雇用を伴う開業であれば、更に200万円程度の余力を持たせておくと、運転資金として安心できます。合計で800万円程の準備をしておきましょう。

本部による開業サポートとは

「本部による開業サポート」を提供する企業もあります。エリア統括を行うスーパーバイザーがフランチャイズ加盟店の経営を軌道に乗せ、安定した売り上げを出せるよう手助けするものです。開業前の立地選定から、売り上げが上がるまでの資金面でのサポート、クオリティを保つための研修制度の導入などが挙げられます。また、経営改善のための相談に応じることなどもサポートの一つです。スーパーバイザーは店舗の改善点をいち早く見つけ、マニュアルに従って行動できるよう促してくれます。

利用者が多い買取サービス業者の特徴

スピーディーに査定を行うお店

鑑定できる担当者がいないから、後日連絡するというお店では、顧客の足が遠のきます。スピーディーに査定を行えるスキルを持った担当者が在籍していると安心です。

納得できる価格を提示してくれるお店

顧客からすれば、「1円でも高く買取ってほしい」と考えるのが自然です。相場に基づいた買取価格を提示してくれる。まとめ売りで買取り金額を上乗せしてくれるお店があると良いですね。

即現金支払いをしてくれるお店

後日現金振り込み等というお店は、信頼も半減します。もちろん振込手数料等のコストもかかりますよね。買取額に応じて即現金払いをしてくれるお店は信頼できます。

広告募集中